yusuke
それぞれの種から鮮やかな花が咲きますように。街で犬を見かけても、自分の犬が一番だと思ってしまう親バカライターです。

記事の絞り込み

ブロックを積んで遊んで、楽しく学ぶ!アンドールの「ぶろっくめーかー」
「プログラミング教育」というものをご存知ですか?
2020年の新しい教育課程の導入に伴って、小学校でプログラミング教育を必修化する動きがあります。

「小学生にプログラミングなんて出来るの?」
「そもそもプログラミングってどこまでの範囲を指すの?」
「必修化することに意味はあるの?」
「教えられる大人がどれほどいるの?」

など、疑問の声も上がっているようです。

そこで今回は、プログラミング教育に向けたICTソリューションを展開されているアンドール株式会社(以下、アンドール)の社長である和田さん(写真中央)、取締役の内海さん(写真左)、課長代理の田中さん(写真右)にお話を伺いました。

アンドール株式会社

[写真中央]和田社長、[写真左]内海取締役、[写真右]田中課長代理

それでは、アンドールさんにとって『プログラミング教育』とはどのようなものなのかお聞きして行きます。


post_strong_01 小学校でのプログラミング教育の目的は、「プログラミング的(論理的)思考」を育むことにあります。「プログラミング的思考」を学んで頂く方法としてモデルに動きを与えることで学んで頂こうと考えました。A地点からB地点、そこからC地点に移動するにはどのような指示を与えれば思い通りに動いてくれるかを考える。そこが、プログラミング的思考の本質になります。例えば、「旋回する」という動きを与えたいときに、「前に進む」「ヨコに進む」「曲がる」などの動き(命令)をどのように組み合わせれば「旋回」したように見えるかを考えることが大切なんです。そこがプログラミングの醍醐味でもあり、面白さでもあります。
post_strong_02

ANDOR_image02

では、プログラミング教育を行うにあたって、必要なこととはどのようなものでしょうか。


post_strong_01 子どもたちが楽しんで取り組むことが大切と考えます。プログラミングと聞くと、どうしても難しく考えてしまうので、楽しみながら学んでもらいたいです。そのためにも、同じタイミングで英語教育も導入される小学校では、ただでさえ授業科目の多い先生への負担がどれほどのものになるのかも考えなくてはいけないと思います。
post_strong_02

ANDOR_image03

そのような背景がある中で、アンドールさんで作られている製品はどういったものですか?


post_strong_01 「ぶろっくめーかー」というソフトウェアです。ベースとなるソフトウェアは3Dのモデリング(設計)をするソフトだったんです。3Dプリンタが一般の方でも使えるサイズで世の中に出始めたときに、誰もが3Dの造形物をデザイン出来るようなソフトウェアがありませんでした。そこで、お子さんや未経験の方でも簡単に3Dプリンタが使えるように考えて作ったのが始まりでした。
post_strong_02

ANDOR_image04


post_strong_01 イメージ的には、ブロックやアイロンビーズなどのおもちゃで遊ぶように、出来るだけシンプルな操作で、作る楽しさを感じられる事を意識し開発をスタートしました。
post_strong_02


post_strong_01 実際にソフトウェアが出来上がってみると、「モノがあるなら動かしたいよね」といった声が社内で上がるようになったんです。そこで、任意にプログラミング入力を行うことで自分がデザインしたモノを自由に画面上で動かせるように機能拡張しました。
post_strong_02

ANDOR_image05

製品開発を進める中で、小学校にプログラミング教育が導入されることを知り、「ぶろっくめーかー」はICT教育向けのソフトウェアとして開発することとなったようです。

ANDOR_image06

コンソール画面上でプログラムを入力すると、自分がデザインした3Dモデルを自由に動かす事が出来る

さらに、デザイン・造形・プログラミングだけでなく、世界50か国で公開されている知育SNS「Creatubbles(クリエイタブルズ)」に作成した3Dモデルを投稿し、世界中のユーザーとコミュニケーションを取ることまで出来るようです。

ANDOR_image07

Creatubbles(クリエイタブルズ)

ANDOR_image08

「平成28年度 佐賀県ICT利活用教育フェスタ」アンドールブースの様子

「ぶろっくめーかー」の特長でもある「遊び心をもった学び」に、多くの教育関係者方々が共感されているとのことで、いかに授業内容に興味を引き付け、生徒が意欲的に学習に向えるかが、プログラミング教育を行う上で大きなテーマの一つとなるようです。

ANDOR_image09

3Dプリンタで造形したものにモデリングコート材を使って着色もできてしまう

アンドールさんはプログラミング以外にも、図画工作や算数など様々な授業での「ぶろっくめーかー」の活用方法を提案されます。

アンドールさんは学校教育と今後どのように関わって行かれるのでしょうか。


post_strong_01 学校教育では、どんなに優れたソフトでも、先生方が使いやすくて活用しやすくなければ意味がありません。「ぶろっくめーかー」による教育資料の充実を図り、プログラミング教育全般の講師派遣を行うなど、先生方の負担を抑え授業の準備に集中していただける教材提供を通じ、教育の質を高めて行くことに繋げられるよう今後も取組んで行きます。
post_strong_02

アンドールさんの取組が実現すれば、生徒さんも充実した授業を受けられる、本質的な学びの場にすることが出来ると感じます。

今回は取材ご協力いただき、ありがとうございました。


アンドール株式会社
ぶろっくめーかー

関連記事