Takeshi Yamazaki
monofarm編集室
staff
未来のものづくりと地域の活性化をどのように行いプロモーションをしていくかを模索し日々奔走しています。

記事の絞り込み

みなさんに無農薬野菜を食べてもらいたい!
東京都立川市「鈴木農園」の想い
無農薬の野菜の栽培をしている「鈴木農園」は東京都立川市にあります。
「鈴木農園」は、なぜ無農薬野菜の栽培をはじめたのか、「鈴木農園」の鈴木富善さん(以下鈴木さん)にお話しを伺いました。

明治時代くらいからこの地で農業をされていて、鈴木さんは六代目にあたるそうです。近くには玉川上水が流れ、昔はこの地で盛んだった養蚕もされていたそうです。鈴木さんのお父様の代は普通の近郊野菜の栽培を行い市場に卸していたそうです。
鈴木さんのお母様が20年くらい前に、青梅市のパン屋さんに感動して、そして4年後にパン工房「ゼルコバ」をつくったのがきっかけで無農薬野菜の栽培が始まりました。


post_strong_01 こだわっているパンだったので最初から野菜はここで採れたものを使用していたのですが、農薬を使った野菜をパンに入れるのはおかしいと感じるようになりました。
post_strong_02


20140801 012 20140801 016

20140801 015 20140801 023

パン工房「ゼルコバ」 店内で天然酵母パンを購入できるほかカフェが併設されています。
現在は鈴木さんのお姉さん夫婦が営んでいます。


この「ゼルコバ」のパンは天然酵母でオーガニックの素材を使い、オープン当時は石窯で焼いているほどのこだわりぬいたものだったそうです。ですから野菜も無農薬でないといけないということだったようです。


post_strong_01 無農薬野菜の栽培方法に切り替えるのはずいぶんと悩みましたが、母の意思が強くて無農薬に切り替えました。
post_strong_02



20140801 001 20140801 004 20140801 003

無農薬野菜の栽培の様子


無農薬野菜に栽培をするにはただ農薬を使わなくていいというわけではなく、土壌改善に一年を費やしたそうです。


10446705_n 10378091_n 10411291_n

とれたての無農薬野菜(写真提供:鈴木さん)


post_strong_01 やはり無農薬で栽培した野菜は味が違います。
post_strong_02


いまではオーガニック野菜を使うレストランなどにも卸しているといいます。
周りの地域のみなさんに対しては毎週月曜日と土曜日のあさ10時から“MARCHE(マルシェ)”といった無農薬野菜の直売もされていて、結構遠くから車に乗って来られるお客様もいるそうです。


10463991_n 10477962_n

“MARCHE(マルシェ)”の様子(写真提供:鈴木さん)


post_strong_01 お客さんの生の声が聞けるのではげみになります。
post_strong_02


春と秋には「ゼルコバ」と一緒に“収穫祭”と言って、新鮮な無農薬野菜の販売はもちろんですが手づくり料理や近隣の養豚場の豚肉ハンバーグと野菜サラダのコラボレーションなどを行っていて、より地域のみなさんとの絆を深めているそうです。
また新しい試みとして、さる7月21日に、無農薬野菜を卸しているレストランの協力を得て鈴木農園で料理を食べられる“1日だけのレストラン”を開催し、「鈴木農園」と協力していただいたレストランとお越しいただいたお客様の繋がりを育む取り組みとなりました。今年の秋にも開催されるということです。


10385394_n 10363958_n 10550845_n

”1日だけのレストラン”の様子(写真提供:鈴木さん)


また農業の新しい担い手の育成として、新規就農者の受け入れも行っているそうです。


post_strong_01 農業の大変さと楽しさを知ってほしい、新規就農者を受け入れることによってどんどん輪が広がればうれしいです。
post_strong_02


現在はお二人の方が1年間研修として「鈴木農園」で働いているそうです。


post_strong_01 もっとここの無農薬野菜を使ってもらえるレストランや飲食店が増えてくれればうれいいです。23区内のレストランでも取り扱ってもらえたらいいですね。
post_strong_02

鈴木さんはこれからの夢をこのように語ってくださいました。


20140801 009

鈴木富善さんご一家と新規就農者のみなさん


無農薬で栽培した野菜は体にもよいし味もおいしいので、例えばいままで人参が食べられなかったお子さんが、鈴木農園の人参だと食べられたそうです。しかし無農薬野菜の栽培は除草などが大変で行っている農家の方はまだまだ少ないといいます。 そういった中で鈴木農園は年間で100種類の無農薬野菜を栽培しており、これまで以上にみなさんに食べてもらいたいと言います。そして今後もイベントなどを通じてみなさんの声を聞いて新しい種類の野菜の栽培などにもチャレンジしていきたいと鈴木さんは話してくださいました。


これからも「鈴木農園」はみなさんにおいしい無農薬野菜を提供し、今まで以上に「鈴木農園」は地域のみなさんと繋がりをつくっていくことでしょう。


20140801 028


「鈴木農園」 ブログ
「鈴木農園」カラフル野菜 facebook
パン工房「ゼルコバ」 ブログ

関連記事