HITOMI
monofarm編集室
staff
もの・ことづくり、デザインに興味があります。趣味は音楽です。

記事の絞り込み

緑に囲まれてゆったりとした時間を。 人・自然・社会のつながりを大切にしている「カフェスロー」
東京都内でも自然が色濃く残る国分寺市。国指定の文化財(名勝)にも登録されている殿ヶ谷戸庭園にもほど近く、国分寺駅南口から歩いておよそ10分のところに、隠れ家的カフェの「カフェスロー」があります。

こちらは、単なるオーガニックカフェ(食材の産地にこだわったり、農薬を使わない素材の美味しい料理や飲み物を提供するカフェ)というだけではなくて、“情報発信の場にしたい”という思いで作られたお店です。
今回は「カフェスロー」開店の経緯や、取り組みについて、オ-ナーの吉岡淳さんにお話を伺います。

20140715 001

カフェスロー代表の吉岡淳さん

店名の“スロー”とは、ゆっくり、という意味だけでなく、人と人とのつながりや、“いつもの生活を見つめなおす”という意味が込められている言葉です。 すぐに食べられる“ファストフード”に対して、自然のおいしさ、安全さ、食文化をゆっくりと見直そうという“スローフード”と呼ばれるムーブメントがあり、カフェスローの母体である環境文化NGOナマケモノ倶楽部ではスローな暮らしを推奨しています。

cafe_slow

post_strong_01 なんでも大量生産、大量消費、大量廃棄というのが当たり前になってしまった社会ですが、それらがどう作られているかも、作っている人も見えないし、自然が破壊されている現状であったり、人とのコミュニケーションが減ってしまっていたり、その裏側だったりとかが見えないんですよね。 post_strong_02

吉岡さんは、このお店をキッカケに、自分達の暮らしの中のさまざまなものを見直す機会にしてほしい、ひとりひとりが普段の衣・食・住を考える、変えるキッカケになってくれれば、と思っています。

20140715 006_2

藁と土でつくられた席は、自然で暖かみのある雰囲気を醸しだしています。この建物はもともと工場跡地であったのを、使える素材は活かしつつ改装したといいます。ゆったりとしたお洒落なデザインのテーブル席に広々とした作りの店内には、小さなお子様連れのお母様のランチや、お仕事をされている方が一息ついたりと、平日にも関わらず、たくさんのお客さんで席が埋まっていました。特に、お子さまに身体に良いものを食べさせてあげたいというお母さまたちのランチの場所として、また集まる場にもなっているようです。

post_strong_01 農薬を使わないことが自然なはずなのに、一定量以下の農薬使用だと「“特別”栽培米」という分類になるんですよ。自然の流れで考えれば、農薬を使うほうが“特別”ですよね。 post_strong_02

20140715 013_2

店頭には「国分寺の見どころが探せるMAP!」が掲示してあり、地域通貨「ぶんじ」の使えるお店が載っています。「ぶんじ」はありがとうの気持ちを伝える通貨として2012年に誕生したものです。チケット裏面にはありがとうの気持ちをメモとして残すこともでき、通貨としての役目以上に、交換した際に幸せの輪が広がります。国分寺はこのような地域主導の取り組みが、活発に行われている地域なのです。

20140715 020_2


ローカルコミュニケーションを大事にしたいと考えている吉岡さんは、国分寺市で開催されるイベント「ぶんぶんウォーク」内での、乗馬体験企画を提案しました。国分寺に住む人もそうでない人も街をブラブラと歩いて、国分寺の魅力を再発見しようという取り組みの中で行われた乗馬企画は、とても好評だったそうです。 今年の「ぶんぶんウォーク」は、11月23日(日)と24日(月・祝)に開催されます。

post_strong_01 最近、三鷹と八王子間を結ぶ東八道路が綺麗に補修されて、道幅が広くなりましたが、 それは本当に良いことなのか?と考えちゃいますね。道路の距離感が、人と人との距離感になっているような気がします。 post_strong_02

乗馬の体験を通じて、馬に触れることで、人と自然とのつながりを取り戻していけたら、と思い付いたそうです。 それは「人と社会、人と自然、人と人とのつながりを取り戻す」ということです。 最近は若者も車離れが加速している流れもあり、クルマ中心の社会よりも、動物との共生を大事にしたいといいます。

20140715 005_3


カフェスローでは、ギャラリースペースを設けたり、ワークショップの開催も行っています。 毎週金曜日には店内の電気を消して、キャンドルの灯りのみで営業する「暗闇カフェ」の開催など、ふつうのカフェにはない取り組みも行われています。ろうそくの灯火の中、普段よりもゆったりとした時間を過ごしながら、エネルギーについて考えることができます。 この他にも、さまざまな企画を通じて、“気付き”の場を提供しています。 このようなイベントを通じて、訪れる一人ひとりの意識から変えていくことが大切だと考えているそうです。

これからも「カフェスロー」は、訪れる人々に、社会や自然・地域とのつながりを感じさせるような取り組みを行い、“つながる場”になっていくことでしょう。


「カフェスロー」( Cafe Slow )

【営業時間】
■火/水/木 : 11:30-18:00 
 ※ラストオーダー : 17:30
■金/土: 11:30-15:30
  ※ラストオーダー15:00
  ※貸切イベント等のため、臨時に営業時間を変更する場合があります。
■日/祝/イベント開催のない土: 11:30-19:00 
 ※ラストオーダー : 17:30
■定休日 : 月曜
 ※祝日の場合は営業、火曜振休

【お問い合わせ】
・TEL : 042-401-8505 
・FAX : 042-401-8503

【アクセス】 国分寺駅南口から徒歩5分
東京都国分寺市東元町2-20-10


カフェスロー ホームページ

関連記事