Takeshi Yamazaki
monofarm編集室
staff
未来のものづくりと地域の活性化をどのように行いプロモーションをしていくかを模索し日々奔走しています。

記事の絞り込み

お笑いライブも開催する!
東京都国立市発!地域密着の陶芸教室「けんぼう窯」
みなさんは陶芸をやったことはありますか?
今回取材させて頂いたのは、東京都国立市にある陶芸教室「けんぼう窯」です。国立市で陶芸教室をはじめて今年で33年目、いままで1500名以上の方が陶芸を学んだそうです。お話しをお伺いするのは、株式会社けんぼう窯 代表取締役 岸野和矢さん(以下岸野さん)です。
岸野さんはもともと、美術の先生だったそうです。


20140718 003

株式会社けんぼう窯 代表取締役 岸野和矢さん



post_strong_01 陶芸が楽しいから、好きなことをやっていこうということで先生を辞めて陶芸教室をはじめました。
post_strong_02


そんな岸野さんが30歳のときにこの国立の街に陶芸教室を開き、最初の生徒さんは4名だったそうです。何カ所か場所を移転して、現在の場所に来てから3年余りが経ったそうですが、こちらの建物はもともと建設会社の事務所だったそうです。


20140718 005 20140718 009 20140718 010

陶芸教室「けんぼう窯」内の電動ロクロは全部で27台あります(左)
 陶芸教室の生徒さんの作品です(中)(右)



そんな「けんぼう窯」さんですが、なんと1階のフロアにはカフェが併設されています。2階フロアから上が陶芸教室なのですが、移転する際には1階の空きスペースは「ほかの方にも貸し出しても…」と考えていたそうです。そんな中、岸野さんの息子さんのお嫁さんが調理師の資格を持っていたということで、岸野さんが息子さんのお嫁さんにカフェでもやってみたらと提案したそうで、最初は軽い気持ちだったそうです。


post_strong_01 カフェをはじめるにあたって、食器はオリジナルで作れますし、陶芸教室を終わられたみなさんが帰りがけにお茶を飲みに寄っていき、また地域のみなさんが気軽に「けんぼう窯」に入ってこられるといったこともありました。
post_strong_02


実はこのカフェでは、月1回お笑いライブが開催されるのです。


post_strong_01 たまたまお笑い芸人の知り合いがいただけなんです(笑)。
post_strong_02


ということだそうですが、お笑い芸人の実情を詳しく聴いてみると


post_strong_01 芸人さんたちが、自分たちの演目を発表する場所がないと言うんです。
post_strong_02


お笑い芸人の多くは、自分たちの演目を発表するにしても場所を借りるにしても、自分たちの持ち出しになってしまい、アルバイト生活をしている芸人さんたちにとって金銭的に大きな負担になってしまうそうです。 はじめてのお笑いライブは3年前の1月、大寒の日でとても寒かったそうです。


post_strong_01 これでお客さんが入れば定期的にやってもいいかなと思いまいしたが、開演の30分前でもお客さんが全くいなくて大丈夫かな?とも思いました。しかしライブがはじまるまでにはお客様は30人ぐらい来ていただきまして、これは続けて出来るなと思いました。
post_strong_02


最初は発表の場がないお笑い芸人のためにはじめたのですが、お客様はお笑いをよく見る若い世代というよりは、親子連れや幅広い年齢層の方々が見に来て下さるといいます。


post_strong_01 やはりお笑いを生で見るといったことは、このあたりの地域では見ることが出来ませんからね。それが地域の様々な世代のみなさんが足を運んでくださる理由だと思います。
post_strong_02



65025

お笑いライブ告知チラシ(7月27日実施分)



岸野さんは陶芸教室と同時に1階はおもしろいスペースになってくれればと話します。
地域のみなさんの反響はとお聞きしたところ


post_strong_01 みなさんから”にぎやかでいい”と言っていただいています。地域が活気づくんですよ、ライブ当日には出演するお笑い芸人が国立駅前でビラも配ります。
post_strong_02


もちろん陶芸教室は、初心者のための陶芸一日体験を毎日開催、山梨県甲州市に登り窯があり毎年2回焼成の実習も行っています。


post_strong_01 みなさんに趣味で陶芸を楽しんでほしいです。
post_strong_02


陶芸はとても敷居が高いと思われそうですが、いつも生活で使っているものをつくるということであり、気軽にできることでもあります。絵画や音楽などと違って誰でもすぐにでき、下手でも気にしないで取り組めるそうです。


20140718 013

陶芸教室の生徒さんの作品 はじめての作品です



post_strong_01 周りを気にしないで、この「けんぼう窯」で遊べばいいんですよ。
post_strong_02



と、岸野さんは笑いながらおっしゃいます。
はじめて陶芸を行うと、やられているみなさんは何も考えず頭の中がリフレッシュできるそうです。ストレスも解消できるということですね。こんな場も「けんぼう窯」さんは提供しているということなんですね。


岸野さんは、より多くのみなさんに気軽に陶芸を楽しんでほしいといいます。そして地域のみなんさんにもカフェやお笑いライブを通して楽しい場を提供していくことでしょう。
JR中央本線の国立駅南口から徒歩5分の陶芸教室「けんぼう窯」。こんどはみなさんが陶芸にチャレンジしてみてはいかがですか?


建物240

「けんぼう窯」 全景


けんぼう窯 ホームページ
けんぼう窯 Facebook
けんぼう窯 Twitter

関連記事